相続登記

富士見市、三芳町の皆様、相続登記をお考えなら笹山みらい司法書士事務所へ! 
相続人調査から戸籍謄本等の収集、遺産分割協議書の作成を含めて相続登記の手続きをまとめて対応します。

1.相続登記

俗に名義書き換えとか名義変更と言います。被相続人の名義から相続人の名義に登記を変更する手続きです。
相続人全員で持分に応じて共有の登記をしてもいいのですが、可能な限り実際に住む方または遺産分割協議で一人の相続人を決めてその方が単独で相続されることをお勧めします。   
共有にすると長い年月の間に所有関係が複雑になったり、売却の際に揉めたりすることが多いからです。

また相続登記ではさまざまな必要書類を集める必要があります。
〇戸籍・住民票は、被相続人および各相続人の本籍地、住所地の役所に申請します。(広範囲かつ多数となる場合も多いです。)
〇法定相続割合と異なる相続(一人が不動産を相続するなど)の場合は遺産分割協議書を作成しなければなりません。遺産分割協議書に押印した印鑑が実印であることを示すために相続人全員の印鑑証明書も必要です。
〇また登録免許税を計算するためには不動産の評価証明書も必要です。

2.相続登記管轄など

〇富士見市の不動産の相続登記の管轄法務局はさいたま地方法務局志木出張所になります。
 三芳町の不動産の相続登記の管轄法務局は川越支局です。(管轄法務局が異なります。)
〇不動産評価証明書は所在地の役所で取ります。(相続関係を示す戸籍謄本が必要です。印鑑証明書などと同時にまとめて取得しましょう。)
〇住民票や印鑑証明書は住所のある市町村役場で取れますが、戸籍謄本等は本籍地の役所に請求する必要があります。

powered by crayon(クレヨン)